コロナで経済的損失を受けなかった理由

早期リタイア

 

『コロナで世界は一変した』

 

とメディアで言われていましたが、わたしの生活は殆ど変化がありませんでした。

40代で既に早期リタイアに入っていて、貯金で暮らしていたので、コロナの影響を感じませんでした。

 

不安が少ない人生を目指していたので、今回の件が自分の生活の安全性チェックになりました。

 

無駄づかいをしない生活をしていたら、付き合っていた相手に

 

「ちっちゃい男だな!」

って60回くらい言われましたが、ようやく報われました。

 

スポンサーリンク

コロナの影響がない生活

 

40代で早期リタイアに入ると、それから何をするのかがテーマになります。

 

恐らく毎日、遊んで暮らす生活を想像する人が多いでしょう。

ですが無職を経験した人ならわかると思いますが、遊びは辛いものです。

 

40代だとまだ、積み重ねを味わいたい歳です。

わたしの場合はブログを書く事で、生活に張りを持たせています。

 

自分の人生の時間は巻き戻せないですが、わたしの経験が誰かの役に立てば、時間を少し取り戻せた気分になります。

 

 

 

ちなみにこのブログではフリーターから就活して、最高年収2,500万円になるまでの記録が書いてあります。(変なアフィとかでなく、普通の仕事です)

経歴

 

わたしのスペックは凡人以下ですが、やる事を絞って仕事に全振りして、食べていけるようになりました。

 

 

電車は殆ど乗らない

 

早期リタイアをすると、嫌な事から徹底的に離れる事ができます。

 

『苦労は買ってでもしろ』

って言葉がありますが、40代はもういいかなと思います。

 

麦は踏まれる事でより強く成長するみたいですが、20代の頃に踏まれる経験をしたので、もうお腹いっぱいです。

 

サラリーマン人生の中で、電車通勤の苦痛はかなりのものでした。

電車って、社会的な規範がメチャクチャな人も乗っているじゃないですか?

 

あの人的ストレスは相当なものだったので、リタイアしてからは殆ど乗っていません。

嫌な事から離れるクセがついたので、コロナからも自然と遠ざかります。

 

家から出ない生活

 

日用品はネットスーパーで買っているので、基本的に家から出ない生活です。

 

異性と付き合い、相手が外出しないと気が済まない人だった時は疲れました。

わたしは休日に休みたかったのですが、相手は遊び回らないとイライラする性分でした。

 

内向的な性格だと、読書とか映画くらいの刺激で十分に感じ取れるものがあって、外部刺激を必要としません。

 

一人の時に成長をする内向型にとって、ひきこもりはむしろ快適です。

 

外向的な人は、他人と会う事で喜びを感じるので、今回のコロナでは、

直接接触

が制限されたので辛いでしょう。

 

元々、ロックダウンな生活をしていた

 

仕事をしていた頃に、1日フルで休むのは大みそか~1/2くらいでした。

 

休もうと思えば休めましたが、仕事が気になってしまい止められなくなりました。

仕掛の仕事があると何も楽しめず、ストレスを原動力にさらに仕事をする生活でした。

 

なので外食は数年に1回くらいしか、記憶がありません。

 

社宅と徒歩すぐの会社に通うだけの日々で、普通の人のロックダウンと同じような生活でした。

当時の生活は苦痛ではないですが、北欧の刑務所生活と似た水準だったと思います。

 

楽しみは少ないですが、そのおかげでコロナの被害も防げているので、トントンではないでしょうか。

 

コロナの経済的な影響

 

リタイアする時に、100歳以上までの生活費を用意しました。

 

年収1000万円を超えてからも、風呂場にトイレがあるワンルームに住んでいたので、貯金は積み上がっていきました。

 

普通の人から見たらつまらない人生かも知れないですが、わたしは不安のない人生が欲しかったので、貯金は娯楽のひとつでした。

 

お金が貯まる度に、安心感が増しました。

 

途中で付き合っていた相手に

 

「お金はあの世に持っていけないんだよ!?」

と言われた事もありましたが、今回のコロナでお金が防波堤になってくれました。

 

 

収入を気にしていない

 

『潮時』

 

という言葉の意味は、潮が満ちて物事を始めるのに一番良いタイミングの事です。

わたしは年収が必要十分まで上がった時に、潮時と感じてリタイア生活に入ろうと思いました。

 

辞める年の年末までいれば、3000万円超の年収になっていたはずですが、年の途中で辞めました。

 

年収は一定額を超えると、後は数字に過ぎなくなり、あまり固執しないようになります。

だから株が含み損になっても、特に気にする事がありません。

 

ミニマムな生活に移行していた

 

人って、そんなにスケールが大きな人間にならないとイケないんですかね?

 

身の丈にあった生活をした方が、充実感が高い気がします。

わたしはリタイアをしてから、料理が娯楽になりました。

 

喫茶店にあるようなレパートリーが増えていき、一食は高くても300円台です。

節約して300円台なのではなく、店より肉を多めに使ったりしても、自炊だとそれで収まります。

 

リタイア前の生活費の計算では、外食も想定していましたが、ほぼ行っていません。

 

いい店に通うと舌が肥える現象がありますが、わたしは逆に痩せて、乾麺の蕎麦でも手打ちのように感じるようになりました。

 

食事にお金をかけようと思っても、全くかからないで満足できています。

 

株は含み損が600~700万円

 

含み損で600~700万円くらいまでいきましたが、放置しました。

 

コロナ前から保持していて、配当の累計を加味すると、実質400~500万円の含み損です。

ですがこれは、まったく問題がありません。

 

アメリカの早期リタイアだと、資産の半分以上を投資に回して運用益で生活をします。

しかしわたしはインフレリスクを避けるために、円を株や外貨に変えるだけです

 

それさえあまり進んでいなかったので、高値掴みの損失を免れました。

 

⇒ 2020年11月

損切りしないまま株を持っていたら、日経平均が29年ぶりの高値をつけて、含み損を殆ど解消してくれました。(配当を含まず計算)

 

コロナの株価急落でも、ボーッとしていただけです。

 

稼がないといけない焦りが損を生む

 

日本の大手の会社が、ファンドでお金を集めたけど投資先がなく、ムリに株を買って大きな損を出しました。

 

ファンドは運用して利益を出さないといけないので、高値掴みをしてしまいがちです。

この会社はコロナの前から、損をしていました。

 

投資で勝つには、銘柄選びより前に、焦る必要がない地盤作りが必要です。

 

コロナで影響のあった部分

 

急にトイレットペーパーが売切れたり、ネットスーパーが予約でいっぱいになったり、買い物のリズムが崩れました。

 

皮肉なことに外出自粛になってからの方が、スーパーにいくための外出が増えてしまいました。

納豆が急になくなったり、ルーティーンが崩れるのはちょっとストレスに感じます。

 

ちなみにトイレでは、手持ちの押し出し式ウォシュレットを使っているので、ペーパーはものすごく長持ちします。

 

なので品薄の時に買わないで大丈夫でした。

 

ジョギングもやめた

 

とりあえず心拍数を上げれば娯楽になるので、手軽なジョギングをしていました。

 

以前に入会していたスポーツジムは自由度が低いので、公園のジョギングコースにしました。

ですが外出自粛要請が出る少し前から、コースを走る人が増えました。

 

コロナ的にあまり良くない環境になったので、ジョギングを辞める事にしました。

 

登山も自粛

 

山は人口密度が低いですが、行き帰りの電車もあるし、公式に自粛要請があったので行くのを控えました。

 

肉体の負荷が大きいので、リタイア後のトレーニングとして最適です。

山で他の人と会うと、顔を覚えるために挨拶を交わします。

 

後で行方不明者が出た時に、捜索のヒントになるからです。

ですがこのあいさつで、コロナが感染するリスクがあるのだとか。

 

そんなに近距離で挨拶を交わさないのですが、仕方がないです。

山に行けないので、スタンディングデスクで作業しながら、足踏みをしてトレーニングしています。

 

早期リタイアは異世界に近い

 

早期リタイア生活は、社会と完全に隔絶されたわけではないですが、あまり実社会の影響を受けません。

 

まるで2.5次元の世界にいるようで、幽霊モードで生きているようです。

だから多くの人が共通の体験をしている、コロナ下での会社生活を経験できずにいます。

 

それが少し、心残りです。

 

 

買い物は少な目

 

自由になる時間は、年金生活者と同じくらいあります。

 

ですが、マスクを買いにドラッグストアに並ぶような事はしません。

お年寄りがマスクを買い続けるのは、他にタスクがないからです。

 

日本人には労働のような事が必要で、それがマスクを買う事なのです。

こんな風にならないためには現役時代の内に、仕事で自分にタスクを課す習慣をつけることです。

 

仕事で必要な事を自分で決め、設計して実行をするのが、タスクを課すということです。

これが大きな収入になるし、リタイア後の生活を充実させる能力にもなります。