株の買い時は、個人投資家が買わなくなった時

体験に基づく投資のやり方

株には固い買い時があって、その時に買えばそうそう損は出ません。

個人的にデイトレードのように頻繁にトレードをするのは、精神がもたないのでできません。

 

顧客から預かったお金を運用

長期的なスパンで考えた方が、難易度は下がります。

 

トレードに参加できる頻度は下がりますが、資産を危険にさらすリスクを避ける参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

株の買い時は、個人投資家が買わなくなった時

株とタワーマンションは一緒で、皆が買いたい時には高値がついています。

個人投資家が買うだけのお金がある時は、市中にお金が溢れていて誰でも買える状態です。

 

お金と物の関係でいえば、そういう時に買えるものは大した価値になりません。

 

気が大きい時に買うと、お金を全部とりあげられる

 

長期で考えるなら暴落して更にしばらく経って、二度と株なんてやりたくないと思う個人投資家が多い時が買い時です。

 

わたしは日経平均が7,000円台の時には、恐くて全く手が出せませんでしたが、その後に買う事ができました。

 

自分で考えた買い時を信じる

日経平均が7,000円から1.5万円前後になった時は、

 

『さすがに2倍までいったらもう上がらない』

 

という風潮でした。

専門家に自信を持って暴落を予告されると、さすがに不安になります。

 

しかしFXの経験で、これら専門家と呼ばれる人たちがいかに外れるかを経験していたので、自分で考えて株を買う事にしました。

 

専門家は予想外しまくり

 

日本株の下落と低迷期間に比べて、上昇期間はまだまだ足りないと感じました。

足りないと感じた根拠は、株価を動かしている人たちの儲けがまだ少ないと感じたためです。

 

彼らはアメリカと、その他の国に資金を流しては戻すを繰り返しながら、利益を得ています。

その彼らの儲けがまだ足りないので、上昇すると思いました。

 

株を買ってしばらくは不安な期間

1.5万円を前後していて、時にはズルッと値下がりする事があります。

動揺した時は、専門家の暴落予告に惑わされてしまいがちです。

 

『買っちゃったけど、本当によかったのかな~?』

 

買った途端に不安になる

 

チャートに張り付いているとずっと不安な気持ちが続き、このストレスから解放されたいと思って株を手放してしまいます。

だから証券会社の管理画面にログインしない日が続きました。

 

そうやってやり過ごしている内に、無事1.8万円まで上がってくれました。

 

株の売り時も難しい

安く買えても、売り時を間違えると儲けが大幅に減ります。

わたしは売り時を間違えて、600万円以上儲かる所で350万円しか儲けられませんでした。

 

株価が下落し始めると、

『一体どこまで落ちるんだ?!』

という恐怖心が湧いてきます。

 

先が見えないジェットコースターに乗っている気分です。

含み損を抱えている時の恐怖心と違って、持っているものを奪われる恐怖心です。

 

最悪なタイミングでの売り

高い所で売れば600万円の利益だったのに、結局は落ちたところで売ってしまいました。

 

このまま落ち続けて、利益がゼロになると思って売ってしまいましたが、そこで売らなければ再び上昇して600万円を超える利益が得られました。

 

この時にどういう感情になるかと言うと、

 

『350万円儲かった』

ではなく、600万円との差額

『250万円損した』

 

という、損失の感情でした。

株のトレードをやる人は、負の感情が多くなるのに気を付けてください。

 

車一台分の喪失感

 

何だかんだで損失ナシ

 

株は恐怖心をコントロールするゲーム

株のバーチャルで勝てても、本番になると勝てません。

決定的な違いはお金を失うかも知れないという

 

『恐怖心』

です。

 

株はほぼ、心理戦です

 

恐怖心を克服するコツ

トレードでは、自分が普段使用するお金とは別のものを賭けていると思った方がいいです。

単なる数字の上下で、お金ではないと言い聞かせます。

 

それと株式投資の専業はやらない方がいいです。

株は成功法則が見つかっても、知らない内に市場とズレていって通用しなくなります。

 

その時に他の収入がないと、パニック状態に陥ります。

損した分を取り戻そうとすると、必ずといって良いほど損失が広がるのは、恐怖がパニックにまで高まったからです。

 

お金だと思わない

 

 

お金が貯まってからやる

今わたしは1000万円ちょっとだけ株を保有しています。

最悪、失っても大丈夫(ショックですが)な額だけを株に変えています。

 

恐ければ休めば良いところですが、今の日経平均から急上昇したら

 

『何であの時、買わなかったんだ』

 

と損した気分になる事がわかっているから、形だけでも株を保有しています。

お金が貯まってからやる株式投資は、遊び気分でできます。

 

遊びでも配当金が入るので、年に手取り30万くらいが入ってきます。