副業の株式投資は必勝法を勉強するから大損する

体験に基づく投資のやり方
株の必勝法を教えてください
株の必勝法に飛びつくと、大損します

 

日本人は学習の習慣が根付いているので、株式投資もまず勉強から入ります。

特に副業でトレードに時間を割けない人は、必勝法という公式を探し求めます。

 

勉強すれば必ず結果がついてくる今までの経験が、株式投資では裏目にでます。

本やネットには多くの必勝法が載っていて、勝てそうな雰囲気をにおわせています。

 

一つの公式で勝てなかったら、

 

「公式の当てはめ方が間違っていたのかな?」

 

と思って、別の公式を当てはめるのを繰り返します。

そして、初心者から脱しない内に損失が出て退場していきます。

まず、必勝法は存在しないという事を知らないといけません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

副業の株式投資は必勝法を勉強するから大損する

株の必勝法がないと言えるのは、公開する理由がないからです。

もしあなたが株で利益を上げ続けられる必勝法を見つけたら、開示するでしょうか?

 

方法を開示したら、他の人にその裏をかかれて損をするので、開示するメリットはありません。

株で少し儲けた人がすぐに必勝法を売るのは、安定収入を求めての事です。

 

本当に必勝だったら、株だけやっていればいいはずです。

その事が、株の必勝法が存在しない事を示しています。

 

株の必勝法は全て後付け

やたら線を引く

占い師のテクニックで客が

 

「急な電話ですみません」

 

と言うと

 

「丁度今、あなたの事を考えていた所です」

 

と、後付けでどうとでもなる事を言います。

客は占い師が当たると信じたいので、疑問を挟まず信じてしまいます。

 

信じた方が自分の利益になる場合、人は積極的に信じようとします。

株の必勝法を探している人もこれと同じ状態で、稚拙な必勝法でも信じてしまいます。

株の過去のチャートに線を引いて、

 

「ホラッ、ここで反転した」

 

など後付けでどうにでもなる解説をします。

 

株は向上心が裏目に出る。

株は資産を増やすのではなく、目減りさせない事を目標に

マルチ商法に引っかからない人でも、

株で必勝法を見つけようという向上心が裏目に出ます。

 

株は向上するものではなく、資産下落を防ぐための防衛です。

インフレで現金の価値が下がる時に退避する先が株式です。

 

株式投資の必勝法はないけど傾向はある

散々、必勝法を探してきましたが、無いという結論に至りました。

しかし、一つの傾向を見つけました。

 

それは、多くの一般人が損をする話は信用できるという事です。

例えば、太陽光発電の買取は、一般人が得をする話だったので信用せずに投資しませんでした。

 

しかし、インフレ率を上げていくという政府の意向は、一般人が持っているお金の価値が下がるという話なので信用しました。

 

そこに消費増税も重なったので、現金を株に変えて利益を得ました。

厳密にいえば利益というより、インフレと増税で資産が目減りする分を補填したに過ぎません。

 

具体的なトレードのタイミング

わたしが儲けた時は、インフレ率が上がっていく下地がある中で、消費増税をトリガーにしました。

消費増税を決める時には景気の指標を上げる演出がなされるので、そこに合わせて株を買いました。

 

増税延期もあったので、チャンスが増えました。

ただこれは過去の手法で、次の増税に使えるかはわかりません。

 

一つの成功法則は、すぐに廃れるのが株式投資の世界です。

 

5年間負けなしの必勝法も信用しない

専業で5年くらい負けなしという人の言葉も信用しません。

そういう人を長期で見ていると、最後は儲けられなくなっています。

 

ドロップアウトしていく人しか知りません。

 

宝くじがたまに当たる人もいるように、たまたまタイミングよくトレードが当たる人もいます。

それを実力だと思って続けるうちに、市場のトレンドが転換した事にも気が付かなくなって大損します。

 

 

デイトレードで160万円を数百億円にした人

たまに株で勝つ人がメディアに取り上げられるので、多くの人が稼げるという期待を持ちます。

しかし、野球を習ったからといって誰もがイチローや大谷翔平のようになれるわけではないように、株も生まれつきの才能です。

 

株は始めるのは簡単ですが、稼げるのは他の競技と同じく適性がある人に限られます。

 

BNF氏の手法

21歳で160万円から株式投資を始めたBNF氏の手法の一つです。

大量のチャートが表示された画面を一日中見ていて、ある業種の株が上がっている中で、上げ遅れた会社のものを買うのだとか。

 

遅れたといってもほんのわずかな時間なので、見つけた瞬間に反射神経で買うそうです。

理論は何となくわかりますが、やろうと思うと”体得”が必要です。

 

この体得が、プロ野球選手と同じく少数の人しか身につきません。

 

幸せそうではないので信用できる

株は儲かったと喧伝して、その手法を売り込む人が多いので信用ならない世界です。

しかしBNF氏が信用できるのは、幸せそうではないからです。

 

儲かってもやめられないのは、離れる事ができないからだそうです。

一人で一日中、チャートだけを眺めて過ごす生活は刑務所のようです。

 

しかも自分を閉じ込めているのは自分なので、救いがありません。

 

必勝法を売る人はお金持ちアピールを必死でしますが、実力でトレードしている人はそんな余裕がありません。

 

わたしも投資で少し儲けましたが、ストレスを考えるとあまり得をしたように感じません。