投資を始める人は、迷惑メールを読むと心構えができる件

迷惑メール 体験に基づく投資のやり方

投資を始める人には、迷惑メールをじっくりと読んで欲しいです。

投資を始められるくらいの原資が作れるという事は、迷惑メールを笑い飛ばす事ができるレベルにあると思います。

 

しかし、迷惑メールよりも権威があるニュースやアナリスト、政府系機関の発表なら信じてしまわないでしょうか?

迷惑メールと投資に関する情報は同じ構図です。

 

よくわからない言葉や仕組みを説明され、理解できていないのに信用してしまう人がいます。

よくわからない部分は、読む人が自分の願望にとって都合が良いように解釈をしてしまうからです。

 

迷惑メールは、お金が猛烈に欲しい状態の人が、信じたいから騙されます。

株やFXもやっていく内に、自分が信じたい情報ばかりを集めてしまいます。

 

投資はまず、儲けようとする前にお金を奪われないようにする心構えが必要です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資を始める人は、迷惑メールをよく読んでみる

パソコン画面

実際に送られてきた迷惑メールを緑色の欄にコピペします。

内容的には、アフィリエイトで儲けた主婦が税金払うの惜しいので、代わりにもらって下さいという支離滅裂な内容です。

 

アフィリエイトとか税金対策とか、よくわからないところを織り交ぜてきています。

数字は210万円とか3100万円とか、わざとキリが良くない数字にして、印象に残るようにしています。

 

大企業や中小企業の税金対策といった内容を混ぜて、リアルな演出をしています。

以前の迷惑メールでは、『前に進めるのでお金をもらってください』という変なものでしたが、最近は具体性が増しています。

 

不明な個所があると、人は面倒だから考えないで相手の言う通りにする

 

件名 働かずに生きていくことを考えた事はありませんか?

私が毎月210万円をあなたに送金したいと言ったらあなたは受け取ってくださいますか?
行き成り何?って思われるかも知れませんが,税金対策で困ってます。送金したいことも本当です。私は普通の主婦です。以前毎月ぎりぎりの生活を送りどころか借金まで抱えて生活をしておりました。そんな生活に耐えかねて夫に内緒でアフィリエイトというものを始めてみました。
世の中そんなにうまくできているものではありません。試行錯誤の毎日を1年続けてもろくな収入には辿りつきませんでした。借金も減らず貧しい生活を送っていくうちにまた1年がたちようやく努力の芽が出始め3年たった今では月収700万円ほど稼げるようになりました。ですが700万円の月収を得れるようになったら今度は高額な税金の支払いをしなければなりません。あれだけ辛く苦しい毎日を送りやっと成果を出したにも関わらず国に税金を支払わなければなりません。かといって国は私のために借金返済をしてくれたのでもありませんし,努力の成果を半分以上国に支払うのは正直納得できません。そこであなたに冒頭でお願いしました。210万円を受け取ってくださいませんかという話に直結します。税金対策です。悪い話ではありません,大企業では税金対策の為,子会社を設立したりしていますし,中小企業でも税金対策の為,仕事に必要でないものを購入し必要経費に算入したりしてます。私は個人ですから,自営業でもありませんし,うまい具合の税金対策ができないのでこうしてあなたにお願いするしかありません。
もし私の税金対策にあなたが協力してくれるのでしたら,私の去年分の年収3100万円を先にお振り込みします。私があなたの信用を得るため,また今後あなたが私の税金対策に協力してくれるのでしたら安いものですし,長い目で見たら全然プラスなんです。それくらい税金が大きいのであなたが迷惑でなければ協力してほしいのです。必要でしたら今日にでも送金いたします。一度お返事を頂けないでしょうか?

 

苦労話に共感が持てる人をターゲットにしている

闇金業者の財産は名簿らしいです。

目先のお金に飛びつく人というのは、決まった人種みたいです。

 

顧客になるような人は、金利を考えたら絶対に借りるべきではないのに、思わず手を出してしまいます。

 

迷惑メールには後先を考えられず、お金の損得も良くわからない人が共感できるエピソードを盛り込んでいます。

 

迷惑メールの主人公の主婦も、『借金を抱えていたけどアフィリエイトで成功をした』というストーリーになっています。

 

投資に関する騙し

チャート

投資を始めて、より一層ニュースを見るようにしましたが、結果としてニュースとの付き合い方を変える事になりました。

 

彼らが報道してきたニュースと結果が異なると『サプライズ』などと、天変地異が起きたかのように言いますが、単に彼らの視点が間違っていたにすぎません。

 

大きなサプライズはイギリスのEUやトランプ大統領の当選ですが、それ以外の細かなものでも見当違いなニュースを流しています。

 

ニュースの権威を信じてトレードをしたら、すぐに投資資金は枯渇します。

ニュースの付き合い方は、配信者が今どういう方向に誘導したいのかを読み取って、それとは別の方向性を探す方が無難です。

 

株やFXは、大多数の人が『こうなる』と予想した事とは逆の方が正解なケースが多いです。

 

投資の手法の本

投資に関する本をたくさん買いましたが、いずれも使えない手法ばかりでした。

やたらと線を引かせて、当たった時のチャートだけ提示して『この手法は儲かります』という本が売っています。

 

書いた人は投資で儲けているのではなく、本で儲けているだけです。

すぐにバケの皮がはがれるので、すぐに次の人の本が出版されます。

 

わたしは本を全て無視しました。

トレードを当てられる人は本など書かないからです。

 

セミナーに参加しない

セミナーで壇上に立っているような講師は、ロクなものではありません。

それっぽい肩書で自信を持って解説されると、言うとおりにすれば儲かるような気になります。

 

しかし実際はトレードで稼げない人が、儲かりそうな雰囲気を売り物にしてギャラを稼いでいるに過ぎません。

 

ある講師は、トレードで年間〇億円稼いでいるとうたっていましたが、借金の裁判で実際はトレードで稼げていない事が明らかになりました。

 

こんな人がウヨウヨいるのが投資の世界です。

 

本業に注力した結果